人、組織、市場に迫る イノベーション&マーケティングご支援

事業化可能性分析

視野が狭くなりがちな社内部視点ではなく、生活者視点でも事業検討をご提案!

事業の可能性、継続の意味、突破口を見出すために、経営的な観点や、経験値、定型化された情報での判断となりがちです。 しかし、市場に直に聞いてみたとき、その分野での思わぬ発見や、見落としが存在することが多々あります。事業化可能性分析は、既存の枠を超えて、改めて市場が俯瞰できるリサーチで実施致します。

事業化可能性分析

生活者視点の常識

  • 自社のロイヤルユーザー化プロセスは手本となるとは限らない。情報過疎者の可能性あり。
  • イメージターゲットと、リアルターゲットに大きな乖離が出来てしまっている事が多々あり、ウォッチが必要。
  • 同一分野でなく、時間、スペース競合が存在。消費をしっかり観察せよ。
  • 商品選択は、必ずしも必要性が第1優先ではない。心理の読み解きを!
  • デモグラフィック属性や、クラスター化といった単一化は通じない。まずは人間観察。現場に聞け。
PageTOPへ