HOME事業領域コンサルテーション&教育>未来洞察、ペルソナ化支援
人、組織、市場に迫る イノベーション&マーケティングご支援

未来洞察、ペルソナ化支援

ウェルコの目指すペルソナ化ご支援

「ペルソナ」とは、ターゲットを属性のみ表現するのではなく、名前、居住地、性格、価値観等プロフィールを細かく設定して架空の人物像を作ることです。それを開発における自分たちの未来の真の顧客と定義し、その顧客の心理に迫る商品開発を行います。
リアリティある人物像を設定することは、開発者の想像力を刺激します。また開発プロジェクトやコミュニケーション開発においても共通のイメージを持つことで、コンセプトを的確に伝達できるのです。
ビジネスにおける実際の顧客の仮説的な「原型」を一般的にはペルソナと言い、ますが、Wellcoでは、発想のプロセスに生活者を巻き込む事で、既成概念に捉われない市場機会の発見と、よりリアルなペルソナ化を行います。

 
一般的マーケティング
ペルソナ化マーケティング
市場を細分化
-Segmentation
市場/競合/既存商品 人/場面/関係性
どの層に絞るか
- Targeting
想定競合ユーザー、自社ユーザー
デモグラフィック属性
創造的パーソナリティ&リアルターゲット
競合との差別化/独自性
- Positioning
市場仮説や代理店による提案 創造的仮説で構築
 
  ・あくまで現市場での開発
・既成概念で開発を進める論理思考
・分業作案の共通語は数字
・効率化が目的のフロー

・既成の枠を超えた発想
・リアリティある人物像で創造力とやる気を活性
・開発&コミュニケーション、神を細部に宿らせる!

・論理より人の心理
・感性にせまる創造性


PageTOPへ

マーケターマインド

一般的なマーケティング発想とペルソナ化マーケティング発想の違いは、ターゲットのリアリティーで、マーケターの想像力・やる気をかき立てられるかどうかが「キー」です。
この人のために商品が作りたい。
こういう人に知って欲しい。使って欲しい。
現顧客が、自社の商品をプライドを感じて使える、そんなイメージを持ってもらえる会社になりたい。
PageTOPへ

ペルソナ化チャート

ペルソナ化へは事前にテーマ設定の緻密なブレストを実施後、ペルソナソリューションパックでイメージを確定致します。そして、出現量の把握と、社内的な説得のためにも定量化を行います。
1.事前検討

  • ドメイン

  • 目標市場概案デスカッション

  • 開発視点
    業界俯瞰
    鳥瞰的マインド
      ↓

  • 構造化
    文化的価値
    源泉遡り
      ↓

  • 魅力市場発見のための市場枠策定

【ブレストの内容】
何のためのペルソナか、どの視点のペルソナであるか。分野と到達までの時間的観点で議論を行います。
ブレストの内容

背景情報収集後支援

事前情報として、生活者の実態調査を実施する事も可能です。
対象: ユーザー(自社、競合、カテゴリー)
内容: 実態+ライフスタイル+価値感(モノ、消費、仕事、将来)

2.ペルソナ化プロセス

その市場に関し、感度の高い生活者が生活者マーケターとして参画。リアリティあり、かつ、 ペルソナ化まで行うファシリテーションで、コアコンセプトを確立します。
ペルソナ化プロセス
3.ペルソナ出現 定量化

ペルソナモデルを量的に検証します。共感度、意識、出現頻度等で、そのペルソナが意識下にどの程度あるのかどうかを量的に把握します。

出現率調査&ブラッシュアップ

ペルソナ出現 定量化

PageTOPへ